忍者ブログ

mzkのブログ

mzkが好きな日ごろ感じることを書くブログ。

2017.04.29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.09.08
仙台から福島に移動する予定の日。
 
 
 
仙台は、ふつうの都会だった。
観光する必要ないや、とおもった。
 
 
ひとの数がいきなり増えた。
その分ひととひととの間の距離は、物質的には縮まって、精神的には、すごく離れた。
 
 
地元のひとたちがいて、ふつうに生活を送っていて、そこに観光客が入り込んでさらに混雑させる。
なんかさみしくなる街だった。
 
 
日本三景のひとつ、松島へ。
ここも、観光地だった。
 
どこを見ればいいのかわからなくて、なんだか心が動かなくなってしまって、それがきれいなのかどうかも、わからなかった。
 
レンタサイクルがあったから、自転車を借りて走ってみることにした。
 
自転車とカメラ。
すごいすきなものがふたつもあるのに、なんでこんなに心が反応しないんだろう、と、困っていた。
 
 
山を登っていったけど、けっきょく見晴らしがいいという場所にはいけず、前に進む気力がなくなってしまい、戻った。
 
駅に戻って電車を待っていると、駅から見た松島は綺麗だと感じた。
帰るときになってやっと心がちょっと動いてくれたなとおもった。
 
 
 
福島で泊まる予定だったけど急遽変更して、福島を省略して郡山へ。
郡山では、旅館までの道に迷って大変だったな。
PR
2008.09.08
 朝から夜まで移動。
始発=終電。
函館から仙台へ。
 
函館を出て、どっかの乗り換えの駅で、おなじように一人旅をしているような男の子に声を掛けた。
 
早稲田の1年生。
 
聞いてみたら、おなじホテルに泊まってたんだとか。
すごい偶然。
 
 
旅の話、これからどこに行くのか、どこに行って何を見てきたか、どこに行きたいか、とか、大学の話、就活の話、サークルの話、将来の話、いろんなことをしゃべった。
気づけば名前も聞かないまま、10時間ぐらいしゃべってた。
退屈になるかもしれなかった丸一日の移動が、すごく楽しくなった。
 
 
一人旅には出逢いがある。
一人だから話しかけられるな、っておもった。
毎日、新しい誰かと出会って、おなじように旅をする仲間意識があって、そうしてハロー・グッバイを繰り返す。
 
この旅のあいだ読んでいた『深夜特急』に出てきた、旅はハロー・グッバイ、って言葉、すごく実感をともなってわかった。
 
 
 
終電で仙台に到着。
なんだかこのへんから、食べ物とか観光とかに興味がなくなってきて、人との出逢いとかローカル電車での移動が楽しみになってきてた。
 
 
コンビニ弁当で済ませて、寝ました。
2008.09.08
函館観光。
 
 
今回のいちばんの目的は函館だった、とおもう。
 
辻仁成の『愛をください』って小説に函館が出てくる。
坂道や、ロープウェイが出てくる。
それを読んでから、いつか函館行って、ロープウェイで山登って、星空を見たいって、思ってた。
 
函館という街は、愛をくださいに出てきたように、坂のたくさんある街だった。
山に向かって登り、海に向かって降りる、ひたすら歩いた。
赤レンガ倉庫があったり、外国人墓地があったり、元町があったり、横浜と似た街だった。
そういえば同じころに開港したんだっけ。
横浜とおんなじように、2009年開港150周年、って書いてた。
 
途中寄ったお店の店員さんが話しかけてくれて、さらにそのお店で、地元がすぐ近くのおばさんに出会った。
こんな遠くまできて、こんな近くのひとに会うって、なんか不思議。
 
それから夜になって、ロープウェイで函館山を登って、夜景を見た。
 
たしかにきれい。
 
でも、きらきらの夜景をみて、ああ、ここもひとだらけか、とおもった。
 
私、夜景ってあんまり好きじゃないかもしれない。
東京の夜景も、明るすぎて気持ち悪いとおもった。
さらに、展望台では必死に観光客が場所取りしてたり、どこ行ってもおみやげ物やさんだらけだったり、なんか醜いとおもった。
 
展望台から降りるロープウェイのなか、お母さんがちいさなこどもにむかって、ひと一人じゃべつに綺麗じゃないのに、それが集まるとこんな綺麗になるんだね、って言ってるのが印象的だった。
私は、それとまったく逆の印象を受けたのかもしれない。
ひとりひとりの人は好きだけど、集まったものは醜いだけ。
そんな気がした。
 
なんだか、軽い、ような、暗い、ような気分でホテルに帰った。
 
 
そういえば、見たかった星空は、見えなかった。
星なんてひとつもなかった。
その代わりに、ひとがいるだけだった。
 
こんどは冬来たいな、とおもったし、だれかと一緒に来たい、とおもった。
2008.08.30
初日の夜に食事した小樽のお店のオーナーが言ってた、いいお店にはいい出逢いがあるってのは、ほんとみたい。







今日は札幌を出て函館に移動。

チェックインしたあと、ラーメンを食べてホテルまで歩いてる途中、ちょっと雰囲気のいいバーから笑い声が聞こえてきて、迷ったけどひとりで入ってみた。



そしたら、マスターが奥で料理して、奥さんがお酒作りながらみんなとしゃべってた。



常連さんと、はじめて来た観光客と、ママと、マスターと、みんなでしゃべってて、私もすぐに打ち解けられました。



絞りたてのグレープフルーツを使ったカクテルも、自家製ハムも、豆漬けも、おいしかった。





横浜からひとりで来たって言ったら常連さんがおごってくれたり、ホテルまでの道は危ないからって車で送ってくれたり、明日休みだから迷ったら電話しておいでって携帯番号教えてくれたり、本当に、素敵な人たちだった。





一人旅ってさみしいかなって思ってたけど、こうやって毎日お友達が増えていって、もしもう会わないとしても、すごくしあわせな時間を共有できて、有難い、ことだと思う。



帰ったら、はやく話したい。
2008.08.28
朝9時すぎごろ青森駅到着。

携帯充電しようとおもってマックはいったけどできなかった。

駅前のビル入ったら、ヴィレッジヴァンガード発見。
青森まで来てヴィレヴァンにいる私。
しかも本4冊購入。

ダメ男って宣伝文句に惹かれてしまった『俺はまだ本気出してないだけ』ってマンガ1、2巻と、友達にこれ読んだら旅に出たくなるって薦められてた『深夜特急』って小説1、2巻。

青森からひたすら電車で北上、小樽まで。もう座ってるの疲れた。
マンガと、小説の1巻をほぼ読みおわった。


小樽でごはん。
すてきなお友達ができた。

札幌に移動してホテル到着、シャワー浴びてさっぱりして今に至る。
  BackHOME : Next 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[08/10 mzk]
[08/10 ヂャニス]
[08/01 mzk]
[08/01 ヂャニス]
[07/29 mzk]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
mzk
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(03/20)
(04/02)
(04/03)
(04/07)
(04/08)

mzkのブログ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]